img_01

iPhoneが歩んだ10年

iPhoneが初めて日本に登場したのは、Docomo「iモード」に代表されるインターネットに接続可能な携帯電話が人気を博していた今から10年前にあたる2007年です。日本以外の多くの国において、そのような高機能携帯端末を積極的に利用する人は一部に限られており、インターネットはパソコンで利用するのが一般的で、携帯電話は音声通話、SMSのために持つという考え方が常識と言えるような状況でした。

そうした常識を大きく変えるきっかけとなったのがiPhoneの登場です。携帯電話は物理キーが無ければ操作ができないという常識を覆し、当時としては大型であった3.5インチディスプレイを全面に起用した画期的なデザインを実現しました。ディスプレイに直接触れるタッチ操作で快適にWebブラウズやメールなどが利用できるインターフェースは現在では当たり前になっていますが、当時は大きな話題と驚きを世界中にもたらしました。

初代のiPhoneでは、まだアプリを配信する専用のストア「App Store」もなかったのでアプリの追加ができなかったり、テキストのコピー、ペーストなどに対応していなかったりしました。ある意味、機能的には粗削りな部分が多い部分もあったのです。加えて通信方式が現在主流である「4G」の2つ前の世代であり、日本では利用することが不可能である「GSM」にしか対応していなかったので日本では発売されませんでしたが、翌年には日本でも利用することができる「3G」の通信方式に対応した2代目のiPhoneである、iPhone 3Gが登場しました。

日本ではソフトバンクモバイル(現・ソフトバンク)がiPhone 3Gを独占販売し一大ブームとなりました。当サイトではiPhoneが歩んできた10年の歴史をiPhoneの進化にスポットをあてて紹介していきます。ぜひお役立て下さい。


▼ iPhone関連管理人おすすめサイト ▼
非常に便利なiPhoneですが、もしも故障してしまったら早めの修理が必要になります。こちらのiPhone修理店は、故障した部分によって料金設定がされているので利用しやすいでしょう ⇒ iPhone故障 料金